トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

予定表/2008-11-23

 日本中国考古学会 2008年度大会・総会

会 場 金沢大学角間キャンパス 人間社会第2講義棟    大会・総会会場=402号教室、ポスターセッション会場・休憩室=405号教室

09:00 開 場09:30−09:40 特集テーマ<中国科技考古の現在>についての趣旨説明09:40−12:10 招待講演09:40−10:30 袁 靖(中国社会科学院考古研究所)       「中国科技考古の発展過程と現状」10:30−11:20 呉 小紅(北京大学考古文博学院)       「中華文明探源プロジェクトにおける年代研究の進展」11:20−12:10 顧 海濱(湖南省文物考古研究所)       「湖南省における稲作考古学研究の新展開」

―昼食・ポスターセッション―

13:00−17:20 特集発表13:00−13:30 岡田康博(青森県教育委員会)・佐川正敏(東北学院大学)ほか       「内モンゴル赤峰市興隆溝遺跡の日中共同研究」13:30−14:00 小畑弘己(熊本大学)       「東北アジアにおけるダイズの栽培について」14:00−14:30 上條信彦(九州大学大学院)       「山東半島先史時代遺跡における残存デンプン粒分析」14:30−15:00 李作婷(九州大学大学院)・宇田津徹朗(宮崎大学)       「台湾石橋遺跡におけるプラント・オパール分析」 ―休憩―15:20−15:50 菊地大樹(京都大学大学院)       「中国古代ウシ・ウマ利用形態解明への動物考古学的手法の導入」15:50−16:20 渡部展也(中部大学)・西江清高(南山大学)       「関中平原における周遺跡の立地と地形環境─GISによる空間情報基盤の整備と分析例─」16:20−16:50 茶谷 満(鳥取県埋蔵文化財センター)       「GISを用いた洛陽墳墓群の空間分析」16:50−17:20 山本謙治(阪南大学)・来村多加史(奈良文化女子短期大学)       「西安碑林博物館石彫文様の造形分析─コンピュータ利用による文様分析法─」17:20―17:30 閉会挨拶17:30 閉 会

ポスターセッション(22日・23日)宮本一夫(九州大学) 「中国西南地区石棺墓の空間分析」小林青樹(国学院大学栃木短期大学) 「中国北方地域における蛇形意匠の起源と系譜」末森 薫(筑波大学大学院) 「天水麦積山石窟東崖面の復元的考察―第4、43窟を中心とした既存編年観の再考―」