トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

佐々木達夫先生最終講義

佐々木達夫先生最終講義

 2月26日(土)14:00より、佐々木達夫先生の最終講義が行われました。講義は「Archaeological Ceramics」というタイトルで行われ、佐々木先生の30年以上に渡る調査研究成果を概観する内容でした。陶磁器に対する多彩なアプローチ、世界中の様々な地域におよぶフィールドなど、その研究の奥深さ・幅広さをあらためて知らされました。 講義冒頭での「考古資料・歴史資料としての陶磁器」というフレーズは、多くの学生が授業で何度も耳にした言葉であり、現役の学生のみならず聴講に訪れた多くの卒業生・来賓の方々にとっても思い出深い一日になったことと思います。 最終講義終了後、金沢白鳥路ホテルにて退職記念パーティ「佐々木達夫先生を囲む会」が行われ、こちらにも多くの方々に臨席いただきました。 佐々木先生の、今後のご健康とますますのご活躍をお祈り申し上げます。 

最終講義の様子 

 

退職記念パーティにて