トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

佐々木 達夫 名誉教授

佐々木 達夫 名誉教授


自己紹介

日本・中国・東南アジア・西アジアの歴史考古学、東洋陶磁・イスラーム陶器の研究を行い、東西文化交流史 (中世海上貿易史)をテーマとした調査を続けている。


主要著書

  • 『シャルジャ、砂漠と海の文明交流』(2010,シャルジャ展日本開催委員会)
  • 『地域社会の文化遺産から探るイスラーム陶器の文化的変遷』(2008,金沢大学文学部)
  • 『タニ窯跡の研究−カンボジアにおける古窯の調査−』(2007,連合出版)
  • 『九谷A遺跡範囲確認調査報告書』(2005,加賀市教育委員会)
  • 『ペルシア湾と紅海の都市遺跡比較から見る古代海上貿易史研究』(2004,金沢大学文学部)
  • 『陶磁器、海をゆく』(1999,増進会出版社)
  • 『日本史小百科・陶磁』(1994,東京堂出版)
  • 『畑ノ原窯跡』(1988,波佐見町教育委員会)
  • 『元明時代窯業史研究』(1985,吉川弘文館)

ホームページ:

http://tatsuo1945.wordpress.com/


研究室スタッフに戻る